iPhone 7 ジェットブラックに最適なクリアケースにやっと出会えた

Pocket

私の愛しいアップルパイへ

我がウィンチェスターライフルの代わりにiPhone 7 Plusの新色ジェットブラックを手に取ったのはあなたもご存知の通りです。

iPhone 7 ジェットブラック ユーザーが最初に困るのはケースをどれにするかではないでしょうか?華麗に舞うペルシャの女性の黒髪と黒目のように美しく光るジェットブラックに最適なケースはどこにあるのか?

私はついにこれを見つけました。

▼iPhone 7はこちら

▼iPhone 7 Plusはこちら

スポンサード リンク

iPhone 7 ジェットブラックに最適なクリアケースにやっと出会えた

ジェットブラックは素の色が光に反射して美しいのですが、裸のままでは傷つきやすいので何かしら覆うものが必要です。ですから本当にペルシャの乙女のように扱ってあげる必要があります。

ここで、素の色を最大限活かすためにクリアケースを検討すると思うのですが、実はジェットブラックは通常のクリアケースとはまったく相性が良くありません。つけて見ていただければわかるのですが、普通のクリアケースをつけるとジェットブラックはめちゃくちゃ安っぽく見えるのです。

そこでSimplism社の黒の入ったクリアケースの出番です。

ソフトブラックのクリアケース!

結論から言うと、ジェットブラックでクリアケースをつけるのであれば、薄い黒の入ったソフトブラックが最適です。ジェットブラックの高級感をそのまま引き立てつつiPhoneを保護してくれます。

もちろん裸で使った方がジェットブラックの高級感は引き立つのですが、さすがにそれは怖いので、ソフトブラックのクリアケースが最適解だと私は結論づけました。実際、ペルシャの乙女というのも、脱ぐ服があるからこそ裸体が美しく神秘的に見えるというものです。

ソフトブラックのクリアケースはなかなかないのですが、iPhone周辺機器の販売を世界的に展開しているSimplism社のAegisシリーズにソフトブラックがあります

iPhoneのジェットブラックをお使いであれば是非これを試してみてほしいところです。

ジェットブラックに対応していて密着痕がつかない

ジェットブラックは独特の艶があるので、そこらのクリアケースをつけると密着痕と言われる色むらが激しく出ます。ですから、ジェットブラックのケースを選ぶときにはきちんとジェットブラックへの対応を表明しているケースを選んでください。このあたりはペルシャの乙女のために服を選んであげる時と同じ要領なので問題ないでしょう。

Simplism社のAegisシリーズはもちろんジェットブラックにもきちんと対応しています。マイクロドット加工というものが施されているらしく、密着によるムラが一切出ないようになっているのです。ナイス!

割れづらく握りやすい柔軟素材

Simplism社のAegisシリーズはTPUと呼ばれる柔軟素材を採用しています。TPUはシリコンよりちょっと硬めのソフトケースで、つるつる滑らないのでiPhoneが握りやすく、薄いので見た目もスマートです。柔軟素材ですから、ケースが割れる心配もありません。

乙女が着る服には必須の条件であるスムーズに脱げるかどうかですが、本製品は着脱もとても簡単です。肩のあたりに両手でそっと力をかけてあげると、ぬるりと脱がせることができます。

ちなみに、使っていると若干指紋がつくので定期的に拭いてあげる必要があるのですが、そんなに気になるほどではないので満足しています。ちなみに私は本体と液晶のクリーナーにROGGE DUO-Cleanを愛用しています。こちらもおすすめ!

カバー率は驚異の98.8%

Simplism社のAegisシリーズの素晴らしい点は98.8%と謳われている驚異のカバー率にあります。

カバー率なんて大差ないでしょと思うことなかれ!例えば雑な作りのカバーだとカメラとフラッシュが同じ穴になっていたり、ミュートと音量ボタンが同じ穴になっていたりするわけです。

▼Simplism社のAegisシリーズはギリシャ神話の女神アテナが持っていた盾の名を冠する通り、外敵からの防御率が半端じゃないのです。どの部位もギリギリまでカバーされていることがわかります。

▼さらには、充電ケーブルを挿す口までカバーされています。もちろん開閉可能です。

ペルシャの乙女の肌のように傷つきやすいことで知られるジェットブラックですから、これはとても高評価です。

ちなみに、充電ケーブルにカバーがついているので、iPhoneの充電スタンドとしてドックのようなものは使えないと思いますので、その点は注意が必要です。

ハンドストラップの取り付けも可能

iPhone自体にハンドストラップをつける穴がないので、ハンドストラップをつけたい場合にはハンドストラップを取り付け可能なiPhoneケースを選ぶ必要があります。

▼Simplism社のAegisシリーズは大変気が利いているので、右下部分にハンドストラップを取り付ける穴も装備しています。さすができる子です。

iPhoneの一番の強敵は落下です。特にジェットブラックは傷つきやすいので、一度たりとも落としてはいけません。iPhoneを取り出すとき・使うときには細心の注意を払い、ペルシャの乙女を後ろから両腕でそっと抱擁するときのように扱うする必要があります。

そんなとき、ハンドストラップのような落下防止アクセサリーがあれば安心感がぐっと増します。特にiPhone Plusはサイズが大きくて落としやすいので、このようなアクセサリーが必須となるでしょう。

ちなみに、ハンドストラップもなかなかジェットブラックに合うものがないんですよね。そこらのハンドストラップはどうもジェットブラックを安っぽくしてしまうので満足できません。

私は結局ハンドストラップを諦めて、バンカーリングにしました。この黒とシルバーのバンカーリングがジェットブラックに合うのでおすすめです。

スポンサード リンク

ジェットブラックに最適なSimplism社のAegisシリーズ!

ということでクリアケース難民のiPhone 7 ジェットブラック ユーザーへの最適解としてSimplism社のAegisシリーズを紹介しました。ペルシャの乙女を自然に際立ててくれるクリアケースとしてイチオシです!

色はクリアとクリアブラックの二色があるのですが、ジェットブラックであればクリアブラック一択だと思います。

▼iPhone 7はこちら

▼iPhone 7 Plusはこちら

貴下の従順なる下僕 松崎より

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。

2015年からはjMatsuzaki名義でのバンド活動を開始。

無料メールマガジン配信中!
Pocket