TaskChute Cloudで使えるショートカットキーの一覧

keyboard-886462_1920

私の愛しいアップルパイへ

イギリス王室の紋章のついたカフェでアフタヌーンティーをたしなんでいたらキャデラックに乗ったマルチェロ・マストロヤンニ風の男が来て隣で朝に嗅ぐナパームの香りについて語っていたのですが、そんなことはどうでもいいのでシルクのごとく滑らかに本題に入りましょう。

TaskChute Cloudで使えるショートカットキーの一覧についてです!

TaskChuteCloud_banner

TaskChute Cloudで使えるショートカットキーの一覧

TaskChute Cloudではショートカットキーを使うことでより効率的にタスクの計画や実行が可能になっています。

▼TaskChute Cloudで使えるショートカットキーは以下の通りです。

キー機能補足
aタスク追加欄に移動
i選択タスクのすぐ下に新規タスクを追加
Shift+i割り込み機能選択位置にタスクを新規追加し、追加したタスクを現在時刻で開始
Shift+c選択中のタスクを複製仕様は「…」から選択できる「タスク複製」と同様
↑ or k1つ上のタスクを選択
↓ or j1つ下のタスクを選択
Shift+↑ or Shift+k、Shift+↓ or Shift+j選択中のタスク位置を上下のタスクを入れ替える
s選択中のタスクを開始もう一度sを押すと開始時間を現在時刻に変更
u実行中のタスクを非実行状態に戻す
f実行中のタスクを完了させる
Tab or l 、Shift+Tab or h選択中のタスクの項目を左から順に編集(Shift+Tabで逆順)▼編集順は以下のとおり
1.プロジェクト
2.タスク名
3.ノート
4.リンク
5.アラーム
6.モード
7.見積時間
8.開始時間
9.終了時間(開始時間に入力がある場合のみ)
10.最初に戻る
Shift+s選択タスクの開始時間を編集現在時刻以外でタスクを開始したいときに
Shift+e選択タスクの見積時間を編集
Shift+f選択タスクの終了時間を編集現在時刻以外でタスクを終了したいときに
x選択中タスクに一括編集チェックを入れる
m一括編集チェックボックスの表示/非表示
cコメント欄の表示/非表示
esc or qポップアップを閉じる
d選択中のタスクを削除削除対象に一括編集チェックが入っていた場合には、チェックされているタスクをすべて削除
n現在位置に移動▼移動先の検出方法は以下のとおり
・実行中のタスクがある場合は実行中のタスクを選択し、スクロール
・実行中のタスクがない場合は、セクション設定されたタスクの中で最初の未完了タスクを選択し、スクロール
・上記いずれもない場合には一番上のタスクを選択し、スクロール
t画面の一番上に移動
rタスクリストを最新に更新
shift+→ or shift+l翌日に移動
shift+← or shift+h前日に移動

タスクを最速で実行していくためのショートカットキーの使い方

これらのショートカットキーを組み合わせることで、キーボード操作だけで効率的にタスクを消化できるようになっています。

  • 「s」キーで一番上のタスクを実行開始
  • 「f」キーで実行中のタスクを完了
  • タスク完了時のポップアップ出現。コメント欄にフォーカスがあたっているので、そのままコメントを入力すればOK
  • 「enter」キーでコメント確定
  • 「enter」キーでポップアップを閉じる
  • 「s」キーで次のタスクを実行開始

つまり、ちゃんとタスクシュートできているときに最速の操作ができるようになっています。タスクを頭からサクサクこなしていく快感に酔いしれてください。

キーボードショートカットは随時追加していくつもりです。最新情報はこちらの記事に掲載しますので、定期的にチェックしてみてください。

▼TaskChute Cloudのご利用はこちらから。

TaskChuteCloud_banner

貴下の従順なる下僕 松崎より

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。