TaskChute Cloudの初期データインポートで追加されるデータ一覧と設定のコツなど

TaskChute Cloud1

私の愛しいアップルパイへ

我が子TaskChute Cloudでは、使いはじめたときに初期データとしてセクションや評価設定などの標準的な設定をインポートすることができます。これはTaskChute Cloudを使いはじめるうえでブースターパックのごとく機能してくれるでしょう。

あなたは私のことを信頼してくれているでしょうし初期データとしてインポートされるデータを事前に知りたいとは思わないかも知れませんが、ここにインポートされるデータの一覧を記載しておきます。

スポンサード リンク

TaskChute Cloudの初期データインポートで追加されるデータ一覧

初期データは私が実際に使っている設定のなかでも標準的に使えそうな設定を選出しております。初期データとして追加のデータが一括でインポートされます。

プロジェクト

以下がインポートされるプロジェクトの一覧です。

プロジェクトは基本的にアルファベット順で並ぶため、最初に数字の連番をふることで自分の好きな順番を決めています

また、仕事だけでなく、成長や家庭といったプロジェクトも入れることでタスクシュートの効果を最大化できるというメッセージをこめてのこの構成です。

プロジェクト名
1.仕事
2.成長
3.友人
4.家庭

モード

モードは私が実際に使っているものとほとんど同じです。集中力が必要なタスクは赤系、単純作業は緑系、人との交流は青系、タスクに手をつけられないことを表すものはグレーにしています。

また、デフォルト評価を設定することで、タスク実行後の評価を簡単にしています。交流系については実行後でないと評価が難しいのであえてのデフォルト評価なしです。

モード名カラーデフォルト評価デフォルトコメント
フォーカスcarrotなし
計画orangeなし
インプットmuscatなし
単純作業leafなし
息継ぎemeraldなし
暮らしleafなし
交流blueberryなしなし
MTGblueberryなしなし
移動なしなし
Breakなし×なし
睡眠なしなし

評価

評価は7つの習慣で謳われている緊急度×重要度で表される時間管理マトリクスをもとに、4つの領域+睡眠の5項目で構成されています。

▼考え方については以下の記事をご参照ください。

評価記号コメント
第一領域(緊急かつ重要)
第二領域(緊急ではないが重要)
第三領域(重要ではないが緊急)
×第四領域(緊急でも重要でもない)
■'睡眠

ちなみに私は実際には◎(第二領域)のなかでも生きがいと呼べるくらい楽しくて価値の高い活動を表す☆を追加して、計6項目で運用しています。お好みで☆も追加してみてください。

セクション

セクションは一日の時間割りです。セクションは人によって大きく変わると思いますので、記録から自分に最適な構成を見極めていくことになると思います。

最適なセクションを見極めるコツとしては、このセクション構成一覧にあるように、集中力が高まったり、逆に倦怠感が強まったりする時間帯など、自分の意志力の波で一日を区切ることです。

なお、画面表示の問題などがあるので12個以下にするのが推奨です。

開始時間ラベルセクション名セクションコメント
00:00A睡眠タイムまだ寝てていいんだよ
08:30B起動タイム1日をはじめる前に1日の計画をたてよ
09:00C集中タイムファーストシングスファースト!
10:30D作業タイムセカンドシングスセカンド!
12:00E昼食タイムランチタイム
13:00F停止タイム'最も集中力の下がる我慢のとき
15:00G追込タイムサードシングスサード!
16:30H終業タイム今日の仕事はこれで終わりだ
18:00I調整タイム仕事を終える前の最後のスペース
19:00J生活タイム生活を整えるための時間
21:00K仕込タイムより良き明日のための仕込み時間
23:00L就寝タイムTHIS IS THE END

なお、初期データインポートによってセクションだけは前の設定がすべて削除されますので、途中で初期データをインポートする場合はご注意ください。

ルーチン

ルーチンは自分の記録から徐々に追加していくものなので、例としてTaskChute Cloudに一日の計画を立てるルーチンだけを登録しています。

ルーチン名ノートリンクアラームプロジェクトモード開始見積周期開始日
一日の計画をたてる毎日のルーチンです。毎日タスクが自動的に生成されますhttps://taskchute.cloud/routinesなし1.仕事フォーカス10:3000:15毎日インポートの実行日

タスク

タスクも標準的なタスクというのは追加しづらいため、ユーザーがいままさに行っている初期データのインポートなどを「TaskChute Cloudを使ってみる」タスクとしてインポートされるようになっています。

まずはこのタスクを開始してみましょうという意図です。

セクション実行日プロジェクトタスク名ノートリンクアラームモード見積
Cインポートを実行した日2.成長TaskChute Cloudを使ってみるTaskChute Cloudのチュートリアルを見て基本操作を覚えましょう。チュートリアルはヘルプからいつでも見ることができます。https://taskchute.cloud/tasks/starttutorialなし計画00:05
スポンサード リンク

あとからインポートすることも可能

ちなみに初期データセットはあとからインポートすることも可能です。

▼ログイン後、以下のURLを実装すれば好きなタイミングで初期データをインポートできます。

https://taskchute.cloud/tasks/startinitdialog

その際、セクションだけはすでに登録されたデータが全て削除されたうえでのインポートとなりますのでご注意ください。他は既存のデータを残しての追加となりますので、データが消えることはありません。

▼TaskChute Cloudのご利用は以下より。

logo_banar

貴下の従順なる下僕 松崎より

2月26日(日)TaskChute Cloud初級講座開催!

2月26日(日)にTaskChute Cloud初級講座を開催することになりました。TaskChute Cloudの開発者である私だけでなく、タスクシュート時間術の生みの親である大橋悦夫さんもいらっしゃいます。

TaskChute Cloudの最もユニークな点は、単なる時間管理ツールではなく、タスクシュート時間術というメソッドに最適化された時間管理ツールだということです。

TaskChute Cloudの使い方をより効果的かつ効率的に習得する方法はやはり開発者に直接聞くことでしょう。

▼さらなる詳細とお申し込みはこちらから。

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。

無料メールマガジン配信中!