このショートカットキーさえ覚えればTaskChute Cloudのタスクをキーボードだけで操作できる

TaskChute Cloudキーボードだけでタスク実行を操作できるように設計されている

私の愛しいアップルパイへ

私が毎日の時間管理に我が子TaskChute Cloudを使用しているのはあなたもご存知の通りです。

今日はこのTaskChute Cloudに関するちょっとしたTIPSをお届けに参りました。どのようなTIPSかと言いますと、TaskChute Cloudのタスクをキーボードだけで操作できるようになるショートカット集です。

TaskChute Cloudキーボードだけでタスク実行を操作できるように設計されている

私がこの我が子TaskChute Cloudを設計・実装するにあたって気をつけたことの1つは、日中のタスク実行に必要となる操作をキーボードだけで操作できるようにすることです。

私が執筆したりコードを書いたりすることを生業としていることもありますが、作業中にマウスやトラックパッドをいちいち行き来するのはエレガントとは言えません。

そういった理由から、私はTaskChute Cloudの基本的な操作、少なくともタスクを次々に実行していく操作に関してはキーボード操作だけで完結できるようにと考えました。

▼そうした意図で以下のショートカットキーが存在しています。

  • i :選択タスクの下にタスク追加
  • d:タスク削除
  • Shift + i:割り込み
  • Shift + c:タスク複製
  • ↑ or k:上のタスクを選択
  • ↓ or j:下のタスクを選択
  • s:タスク開始
  • u:戻し
  • f:タスク完了
  • x:タスク選択
  • m:一括編集状態のON・OFF
  • c:コメント欄表示
  • Shift + →:翌日に移動
  • Shift + ←:前日に移動
  • r:タスクリストの表示を更新

これらを使えば、通常のタスク操作に関してはほとんどキーボード操作だけで行えるようになるはずです。ナイス!

▼なお、全てのショートカットキーはこちらにありますので、こちらもご参照ください。

TaskChute Cloudは使い込んだら毎日、しかも一日中操作することになるサービスです。これからも操作性の向上に努めて行くのでお楽しみに :^D

貴下の従順なる下僕 松崎より

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。