Home >

2017年3月24日jMatsuzaki初ワンマンライブはフリーライブで入場無料!チケット代はあなたが自由に決めてください!

私の愛しいアップルパイへ

私は現存する音楽の多くが意義のあるメッセージを失ってしまったことに心底ウンザリしています。音楽は人を動かすか?もちろん「YES」です。しかし、いま音楽はそのように機能しているか?残念ながら「NO」です。

私は浴槽のカビのように私たちの身の回りに蔓延している美食家のための現実逃避的でロマン主義的な音楽ではなく、現実的で意義のある真っ当な音楽を奏でるためにいまここに立っています。私はあなたに伝えるべきメッセージの持ち合わせがあることを誇りに思っています。

どうせやるんだったら7日間すべてを情熱の炎でBurning!させるような人生じゃないと!

私は信じているのです。絵画や映画とは違って耳から入り込んで内側から血をたぎらせ、かの非情なる現実に立ち向かう糧となる音楽のパワーを!

まずもってお伝えしたいのは、私たちの合言葉についてです。

たった2日の休日のために、残りの5日をドブに捨てるような生活は馬鹿げてる! どうせやるんだったら7日間すべてを情熱の炎でBurning!させるような人生じゃないと!

いつか死ぬときのためではなく、いまこの瞬間に生きること!「まだはやい」や「もうおそい」を「いまだから」に変えること!偽りの仮面を外して、自分独自の力を発揮すること!

我がライブはきっとあなたの普段モデラートかアンダンテで流れている血液の流れをちぃとばかしはやくできるでしょう。そして、我がライブはあなたにとって7日間すべてを情熱の炎でBurning!させる第一運動となるでしょう。

そんなこと、いくら口で説明されても信じられませんか?そうでしょうとも!そうでしょうとも!ですから、我が言が正しいかどうかあなたが身を持って検証できる場所を提供することにしました。

約束の日は2017年3月24日(金)!約束の地は新宿!jMatsuzaki初となるワンマンライブの開催です!

かつてライブを体験したアップルパイの声

本当に行って良かった! 今迄、メタル系の音楽を聞くことはほとんどありませんでしたが、Jさんの音楽はジャンルを超えて、人間性が伝わってくるライブでした。その人間性を通じてメタルというジャンルに興味を持ち、音楽の幅が広がった事に感謝します。 また、曲を始め、会場内を巻き込むトーク力とメッセージ性、独特の感性を持つ歌詞、さらに、バンドのメンバーの人柄、マネージャーを務めてくれた小学校同級生が語るJさんへの愛、西川口の会場を選んだ訳、全ての事柄に「人を大切に思うJさんらしさ」を感じ魅了されました!

寺島正枝アップルパイ

初めてライブハウスに行ったから、最初待合室?的なところではもの凄い孤独で帰りたかった。でもライブ会場?の方ではもの凄い爆音でjさんの前のバンドのも含めて面白かった。終始笑っていたような気がする。もっと手を振ったり叫んだりすればよかった

こたとアップルパイ

ライブの完成度は凄く高くて、かっこよくて、とても楽しかったです。やっぱ生音は良いですね。低血圧でヘドバン出来ないのが残念。

匿名アップルパイ

最高でしたっ!!演奏もですが、jMatsuzakiによる参加者との一体感もすごくて、想像よりも楽しかったです!!

匿名アップルパイ

松崎さんが最初のトークでライブの楽しみ方を教えてくれて、楽しみ方がわかって肩の力が抜けた。「えんや!」って呼ばれた時、勝手に身体が動いて松崎さんのところに行った。ETみたいに人差し指でつながる気がした! ライブ中、自分が周りの人とは違うテンポで生きてるのがわかった。けど、それが私だー!って言える自信を持つことができた。ありがとう!

えんやアップルパイ

過去最高にBurning!な特別空間を用意!

不本意で惰性的な選択を断ち切って、望ましい結果を得るためには2つのステップが必要です。

第一に情熱の炎をBurning!させること。第二にその炎を持続させること。いきなり第二ステップから始めることはできません。まずもって情熱の炎をBurning!させる必要があります。

ではどうやって?

素晴らしい質問です。ではどうやって?はこの世で最高の質問のうちの1つです。

私はその質問に対する回答の準備があります。僭越ながら進言させていただきますが、次回の我がワンマンライブこそがその質問に対する最適解になると確信しています。

と言いますのも、いままで行ってきたライブは、事前に他者が企画したイベントに出演アーティストの1組としてジョイントする形でした(いわゆる対バン形式のイベントってやつです)。

このようなライブを数回行った結果、私は早くも限界を感じた次第でございます。出演時間がわずかしかないという問題だけでなく、会場には部外者が多く、ドライで批評家気質な空気感が漂っており、全体で見れば参加者たちにも一体感がありません。酸素が薄いのです。酸素が少なければ、炎も小さくなってしまいます。

それから半年間、私は大理石像の如く冷徹になって考えました。もっと自由に、もっと濃密に、もっと直接的に、私の尽きせざる噴水のごとき情熱の炎をあなたに伝える術はなかろうか?と。結論はとてもシンプルなものでした。会場を貸し切って、jMatsuzaki単独のライブを企画すること!

アップルパイだけが集結した特別な空間で、我が。次のライブはいままで行ったどのライブよりも濃密で効果的で意義深く、Burning!なものとなるでしょう。

今回のテーマは「管理」より「解放」!

次のワンマンライブのテーマは決まっています。

「管理」より「解放」!

私たちはとっくに気がついています。何かを事細かに管理しようとするよりも、唯一無二の自分の力を自然に解放した方が、素晴らしい結果を得られるってことを!そしてそれこそが唯一、自由と幸福と成功を同時に得られる道であることを!

それにも関わらず、不安からつい管理に走ってしまうのが人間というものです。週に5日、9:00〜17:00に働くというような管理をはじめ、売り上げ目標を決めて進捗を事細かに管理しようとしたり、私たちは日常的に一定の成果を上げるために(ないしは失敗したときに自己正当ができる言い訳を作るために)自分を押さえつけ、我慢し、管理しようとしています。

「管理」より「解放」!

コントロールし難い自分を無理やり権威や文化や契約にあてはめるべく管理するのではなく、コントロールし難い自分の意志や衝動や情熱や信念を解放すること!

もちろん、まずは私からそれを実践することにします。今回私はライブにまつわるあらゆる管理を手放すことに決めました。

私はただ、私が私の誇るべき音楽を解放することだけに没頭することに決めたのです。

3月24日jMatsuzaki初ワンマンライブは「フリーライブ」にします!

「管理」より「解放」!

この信念のもと、今回のワンマンライブは「フリーライブ」として開催します。まずもって我が言を取り違えて欲しくないのは、フリーライブとは(例えば路上ライブのように主に広告や宣伝のために)すでに一般的に行われているような単なる無料のライブのことではないということです。

ここでいうフリーライブとは、「無料」を意味したフリーではなく、「自由」を意味した真のフリーです。自由大好き少年のあなたのため、何がフリーなのか見ていきましょう。

入場無料(フリー!)

本ライブは入場無料です。つまり、会場に来ていただければそれだけでOKです。七面倒くさい受付も、事前支払いも、入場料の支払いも、名前の記入も要りません。私はあなたが来るか来ないか管理するのを辞めることにしました。

チケット代自由(フリー!)

チケット代も自由です。私は私のライブを無料にしたり、安売りしたりするつもりはありません。ただ、我がライブが金銭的にどのくらいの価格が妥当であるか管理するのをやめたということです。

お金というのはあらゆる面で相対的な指標でしかありません。社会人にとっての5,000円と学生にとっての5,000円の価値が違うように。

本ライブではライブ後にあなたが決めた額のチケット代を自由にお支払いください。もちろん0円でも構いませんし、100万円でも構いません。

我がライブを体験することが、あなたにとってどのくらいの価値があったのか、あなたの体験にあなた自身で自由に価値を決めてください

申し込み不要(フリー!)

本ライブは事前の申込も不要です。私たちは私たちの仕事に没頭するため、あなたが来るのか来ないのか、何人くらい来るのか管理することを辞めました。興味あればその衝動に従っていらしてください。あらゆる事前準備は不要です。

出入り自由(フリー!)

もちろん入場だけでなく、退場するのも自由です。思ったものと違っていたり、飽きたりしたならお帰りください。いったい何人帰って何人が聴いているのか、その管理を辞めることにしました。

出店自由(フリー!)

本ライブ会場の物販スペースを開放することにしました。出店料や売り上げのマージンなどはもちろん不要です。

私が音楽にBurning!している場所で、あなたがBurning!して制作したものを販売してみてはどうでしょうか。

※出店方法の詳細は別途アナウンスします

Burning!自由(フリー!)

今回、私はただ自分の愛する音楽を解放してBurning!することだけに没頭すると決めました。「管理」より「解放」!結果的にそれが最高の結果を生むと確信したからです。そして、それを受けてあなたがBurning!するのももちろん自由です。

ワンマンライブに向けたメッセージ動画

初のワンマンライブに向けて、あなたに直接メッセージを届けるべくjMatsuzaki&マネージャーのKeiKanriによるメッセージ動画を撮影しました。

▼是非こちらもご覧ください。

スポンサード リンク

ライブへの参加方法は3月24日に会場に来るだけ!

興味が湧いて来たでしょうか。先ほどお話しした通り、このライブはフリーライブです。事前申し込みは不要ですし、チケット代も自由なので財布を持って来る必要もありません。来たいと思ったなら当日会場に直接来ていただくだけです。

▼当日の詳細は以下の通りです。

項目詳細備考
開催日時2017/3/24(fri) 18:00~開演は19:00頃
出演jMatsuzakiバンド
会場名新宿御苑前 パペラ
アクセス〒160-0022 東京都新宿区新宿 2-8-1 新宿セブンビル2F新宿御苑前駅(東京メトロ丸の内線)下車1番出口すぐ目の前
チケット代フリー!入場無料。ライブ後、任意の額を投げ銭できる方式

▼予定を忘れないよう、Googleカレンダーへイベントを登録するボタンも置いておきますね。

jMatsuzakiワンマンライブの日程をGoogleカレンダーに登録する

それでは2017年3月24日(金)、会場でお会いできることを楽しみにしています :^D

貴下の従順なる下僕 松崎より