Home > 作曲

作曲

jMatsuzakiの新曲「samohT」リリース!ベルリンの空気を吸った新機軸の一作!

jMatsuzakiの新曲として、新アルバムからの二曲目「samohT」が完成しました。コンセプトは「ヒューマニズムの断末魔」です。まもなく終焉を迎えつつある人間至上主義と、まもなく人間を追い越しつつあるテクノロジーへの希望と羨望と、感情の価値低下に対する悲観がごちゃまぜになった部分を作品に凝縮しました。現在YoutubeとSoundCloudで無料試聴可能です。 Read More »

新曲knaH公開!Youtubeで無料視聴可!

新アルバムからの一曲目「knaH」をリリースしました。本作は完全に新しいコンセプトの元で、完全に新しい創作活動の第一歩となる記念碑的なソングとなりました。今日はこのソングについて解説しましょう。 Read More »

イタリア・フィレンツェで活躍する日本人ダンサーMaika UEDAさんがjMatsuzakiソングを独自の振り付けで踊ってくれました

イタリア・フィレンツェで活躍する日本人ダンサーMaika UEDAさんが、我が子であり我がソングである「Abraham」を踊ってくれました。Maika UEDAさんに1st Album「EatShit」をお渡ししたところ大変気に入ってくれて、独自の振り付けをつけて踊ってくれたのです。 Read More »

【満席御礼!】2017/11/26 音楽の聴きかた教室 vol.2開催!限定5名のワンコイン・ワークショップ!

音楽を演奏する方法を教える教室は数多くあれど、音楽の聴き方を教える教室は意外と無かったように思います。この教室に来れば単なる主観的な好き嫌いではなく、もっと音楽の本質を深く味わいながら聴けば音楽を聴くという行為を別次元で楽しめるようになるはずです。 Read More »

これからjMatsuzakiが注力する3つの音楽活動について

胸の引き裂かれる出来事が起こって以来、私はこれからの活動について、なかでも最重要たる音楽活動について本気で考えました。今日はわたくしjMatsuzakiめがこれから注力する音楽活動についてお話ししようと思います。その軌跡はこれからこのブログで逐一報告していきます。 Read More »

MUSISION江古田(ミュージション江古田)に2年住んでみた感想

2年ほどMUSISION江古田(ミュージション江古田)という、音楽家御用達の完全防音マンションに住んでいました。設備が新しめで家の中が綺麗で気持ちがよく、防音に特化した設備が充実していて住みやすかったです。また、池袋・新宿・渋谷に一本で行ける江古田はアクセスが抜群に良いのです。 Read More »

そうか俺は今ロックをやることにすっかりウンザリしてたんだった

私は20世紀を象徴する音楽ジャンルであるロックを愛していますし、尊敬もしてます。しかし、米国でロックンロールが生まれ英国でロックが生まれてはや70年、「望めばなりたいものになれる」と声高に叫び続けたこの音楽はすっかり役割を終えて形骸化してしまいました。 Read More »

2017/7/8ワンマンライブは大成功!Burning!してきた!!

2017年7月8日 jMatsuzaki 単独ライブ 1

2017年7月8日、jMatsuzakiのワンマンライブを開催しました。言葉では説明できないほどBurning!な1日で、頭蓋骨まで真っ赤に燃え上がるほどでした。この素晴らしい乱痴気騒ぎについて、私の口から振り返って欲しいですか?よろしい、では、写真を交えてこの素晴らしい乱痴気騒ぎを振り返ってみましょう。 Read More »

Burning放送局で「ワンマンライブ直前放送」を公開!ワンマンライブまであと3日のいまの心境を共有するよ!

今回のBurning!放送局ではあと3日に迫ったjMatsuzakiワンマンライブの直前放送として。ワンマンライブに向けてのリアルな心境を共有します!ンマンライブにかける想いや、当日送ることに対する期待と不安についてジャーマネのKeiKanriと語り合いました。 Read More »

jMatsuzakiワンマンライブまであと1週間!Twitterのハッシュタグで応援メッセージ受付中! #jmatsuzaki

ワンマンライブ当日に最高に盛り上がるべく、事前にオンラインで集まりませんか?当日ワンマンライブに参加するか、参加できないけどjMatsuzakiの活動を応援してくれているなら#jmatsuzakiのハッシュタグを使ってツイートしてみてください。 とはいえ、ハッシュタグを使って何を投稿すればいいか悩むでしょう。ということで、こちらのハッシュタグにjMatsuzakiバンドへの応援メッセージを投稿してみてはくれませんか? Read More »

jMatsuzakiグッズを作ってみませんか?jMatsuzakiグッズの制作を公募します!jMatsuzaki商品化・制作・販売自由!

jMatsuzakiグッズを作ってみませんか?そして、願わくばjMatsuzakiワンマンライブで販売してみませんか?私がBurning!している場所で、あなたがBurning!して創造したものを売ってみてはどうでしょうか?さすればきっと想像もしなかったようなことが起こるに違いありません。 Read More »

Burning!放送局「2017年7月8日 jMatsuzakiワンマンライブへの意気込み」 を公開しました!

「Burning!放送局」が再開しました。バンドマネージャーのKeiKanriとともに定期的に放送している番組です。今回は2017年7月8日に開催されるワンマンライブについての意気込みについて語り合いました。ワンマンライブのシステムやそこに込めた想いについて語っていますので、ぜひご覧ください。 Read More »

アップルパイのアジト内部はこんな感じです

先日リリースした実にエキサイティングなサービス「アップルパイクラブ」ですが、このサービスの核の1つでもあるアジトの解放についてより具体的にご紹介しましょう。アジトは我々の作業場でもありますが、それをアップルパイも自由に出入り可能にしました。夢見るリアリストたちが集うアジトとすべく! Read More »

jMatsuzakiのドキュメンタリーを最前列で体験できる新サービス「アップルパイクラブ」正式スタート!

jMatsuzakiバンドの中核をなす新サービス「アップルパイクラブ」をリリースしました。アップルパイクラブは「無名のバンドが成功するドキュメンタリーを最前列で体験させる!」をコンセプトに、これからのアーティスト活動やドキュメンタリー、ファンクラブというものについてイチから私のデリケートな脳で再定義したものです。 Read More »

jMatsuzaki 1st Album「EatShit」が各種音楽サービスで配信開始されました!

2017年3月に行ったjMatsuzaki初ワンマンライブと同時に完成した1st Album「EatShit」! この素晴らしくBurning!なアルバムがついに各社音楽サービスで配信開始となりました。つまり、あなたの普段使っているサービスでjMatsuzakiのアルバムが聴けるようになったということです。ナイス! Read More »

次回jMatsuzakiワンマンライブが7月8日に決定!

次回jMatsuzakiワンマンライブが2017年7月8日に決まりました!場所は前回と同様の新宿、時間帯は昼〜夕方となります。先日リリースした1st Album「EatShit」を中心に演奏するライブです。今回もこの日に向けて新しい企画もどんどん絡めていく予定です。 Read More »

jMatsuzaki初ワンマンライブは大成功でした!

2017年3月24日、念願のjMatsuzaki初ワンマンライブを開催しました。結果は大成功で、本当にやって良かった!明らかにjMatsuzakiが次のステージに入りました。初ワンマンライブであり、jMatsuzakiの1stアルバム「EatShit」のリリース記念であり、フリーライブという新しい実験にも取り組んだイベントでありと、盛りだくさんなイベントでした。 Read More »

2017年3月24日jMatsuzaki初ワンマンはオンライン動画配信も行います!現地参加できない場合はインターネットでご参加ください!

2017年3月24日、jMatsuzaki初ワンマンライブはオンラインでリアルタイムに動画配信することにしました。どうしても予定が合わないけど、どうにかしてライブを観たいと言う場合はオンラインでの動画配信をご活用ください。ライブの演奏開始は2017年3月24日 19:00〜を予定しています。 Read More »

jMatsuzaki 1st Album「EatShit」の全曲ストリーミング無料配信を開始しました!

jMatsuzakiの1st Album「EatShit」が無事に全曲完成しました。この情熱が詰まったソングを一早く、漏れなく聴いてほしいので、全曲のストリーミングを無料で配信開始しました。今後ダウンロード販売や、iTunesやGoogle Playといった音楽配信サイトでの販売も行う予定です。 Read More »

jMatsuzaki初ワンマンでの出店予定者3名を紹介します!出店者募集中!

2017年3月24日、jMatsuzaki初のワンマンライブを開催するわけですが、このエキサイティングな乱痴気騒ぎでは新しい取り組みの1つとして「出店フリー」という仕組みに取り組んでいます。これはライブの参加者であれば誰でも物販スペースで商品を販売できてしまうというシステムです。 Read More »

jMatsuzaki初ワンマンの物販スペースはこんな感じです!物販スペースでの出店は自由です!

2017年3月24日、我がワンマンライブにおいては、参加者であれば誰でも物販スペースで自分の商品を売ることが可能です。今日は私が事前に現地で撮影してきた写真を元に、現地の物販スペースの様子を解説します。物販するときの参考にしてください。 Read More »

もうカリスマ型のロックスターは必要ないというテーマでBurning!放送局 vol.9を公開!

「もうカリスマ型のロックスターは必要ない」というテーマでBurning!放送局 vol.9を公開しました。これはjMatsuzakiバンドの活動の根底に流れる重要な信念です。かつてはカリスマ型のリーダーが求められたこともあったでしょう。「人はなりたいと思えば何にだってなれる」と信じさせてくれるリーダーです。しかし、今や、かようなメッセージは古臭くて退屈なものと化してきていると私は感じてきました。 Read More »

まもなくjMatsuzakiの1st Album「EatShit」リリース!作曲の位置づけや作品解説について語ったBurning!放送局 vol.8公開!

jMatsuzakiのBurning!放送局の第8回となる番組が公開されました。今回はまもなく発売となるjMatsuzakiの愛すべき1st Album「EatShit」について語りつくした内容となっています。jMatsuzakiにとっての作曲の位置づけや作品解説などについて語っています。 Read More »

夢とは?好きなことをやるとは?Burning!とは?というテーマでBurning!放送局 vol.7を公開しました!

「夢とは?好きなことをやるとは?Burning!とは?」をテーマに毎週月曜日に放送中であるBurning!放送局の第7回を公開しました!夢想家であれば誰もが悩むこの問題について、ジョージ・バーナード・ショーの引用を皮切りに深掘りして生きます。 Read More »

なぜバンドマンが曲だけでなくブログも書くのか?というテーマでBurning!放送局 vol.6を公開しました!

Burning!6_eyecatch

現在まで1,300を超える記事をあなたにお届けしてきたわけですが、すべては我が音楽作品そのものであるという信念で書き綴ってきました。諦めきれない夢へと向かうドキュメンタリーに共鳴していただき、その当然の帰結として奏でられるソングを聴いていただいてこそ、作品の意味が理解できるのですから。 Read More »

友達と一緒に遊ぶように働くというテーマでjMatsuzakiのBurning!放送局 vol.5を公開しました!

jMatsuzakiのBurning!放送局 vol.5 友達と一緒に遊ぶように働く (2017.02.13)

「友達と一緒に遊ぶように働く」。これは私の最重要な価値観の1つであり、故にもっとも基本的なバンド運営方針でもあります。学生生活の中で最も楽しかった1年間もしくは最も楽しかったイベントを思い出してみてください。そのときのように、友達と遊ぶように働けたら最高でしょう。 Read More »

Burning!放送局 vol.4 公開!テーマは「なんで今さらヘヴィメタルなの?」

「なんで今さらヘヴィメタルなの?」というテーマでBurning!放送局 vol.4が公開されました。文化や常識や道徳や調和や空気のために無名の個人の自由な意志を"取るに足らないもの"と一蹴しかねない流れが高まっている現代において、ヘヴィメタルの重要性は増すばかりであると私は考えているのです。 Read More »

Burning!放送局 vol.3 公開!テーマは「物販スペース開放!出店自由!」

jMatsuzakiのBurning!放送局の始まりです!第三回目となった今回はあなたにも大いに関係のある「物販スペースの開放と出店フリーについて」掘り下げています!今回のBurning!放送局では、バンドにとっての物販スペースの意味から始まり、出店フリーに込めた想いについて熱く語っています。 Read More »

jMatsuzakiの「Burning!放送局」配信がはじまりました!

2017/3/24 jMatsuzaki初ワンマンライブ

ワンマンライブのコンセプトや準備の裏側などライブだけでは伝えきれないメッセージを定期的に対談形式で配信することにしました。題して「Burning!放送局」!記念すべき第一回のテーマは「これまでのライブ活動を踏まえて、なぜ今フリーライブなのか?」といったところをお話ししています。 Read More »