Burning!放送局 vol.3 公開!テーマは「物販スペース開放!出店自由!」

jMatsuzakiのBurning!放送局 vol.3 ワンマンでは物販スペースを開放します!出店自由!(2017.01.31)

私の愛しいアップルパイへ

さぁさぁお待ちかね!jMatsuzakiのBurning!放送局の始まりです!

第三回目となった今回はあなたにも大いに関係のある「物販スペースの開放と出店フリーについて」掘り下げていきますよ!

Burning!放送局 vol.3 公開!テーマは「物販スペース開放!出店自由!」

以下でもお話ししました通り、2017/3/24に予定されているjMatsuzaki初ワンマンライブでは物販スペースを開放し、参加者なら誰でも出店できることにしました。

今回のBurning!放送局では、バンドにとっての物販スペースの意味から始まり、出店フリーに込めた想いについて熱く語っています。

現状、CDを中心とした音源の売り上げが落ち込んでいるため、バンドにとっての主要な収益はライブと物販に移っています。ですから、物販スペースというのはバンドの稼ぎどころであり、大変貴重なスペースでもあります。他のバンドとやるときには物販スペースの取り合いが起こるのが常です。

この流れは大変合理的なことだと思います。しかし、次回の我が初ワンマンライブのテーマを思い出してください。

「管理」より「解放」!

私たちはかような物販スペースを活用した収益化や黒字化の”管理”を手放すことにし、あなたも出店できるようフリーマーケット化することにしました。

上記の記事に書かれた注意事項さえ守っていただければ、誰でも出店できます。もちろん出店料も売上マージンも取りません。

1つ勘違いしていただきたくないのは、この取り組みについて、私たちには蚊のように狡猾な計画などはないってことです。ただ売り上げがアップよりもっと想像もしなかったようなことが起こって欲しいという思いです。

私がBurning!する場で、あなたがBurning!して作った物を披露してみてください。私のBurning!とあなたのBurning!が組み合わさったとき、きっと何かが起こるに違いありません!

興奮してきましたでしょうか?

▼番組は以下より視聴可能ですので、気合を入れてご覧ください。

jMatsuzakiのBurning!放送局 vol.3 ワンマンでは物販スペースを開放します!出店自由!(2017.01.31)

貴下の従順なる下僕 松崎より

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。