Home > Author Archives: jMatsuzaki

Author Archives: jMatsuzaki

プロジェクトノートとナレッジノートは分けて情報整理する

プロジェクトを進める上でのメモ書きと、永続的に使える知恵(ナレッジ)を1つの場所に統合してしまうと、別の目的・性質のものが混在して煩雑になってしまいます。ですから、特定のプロジェクトを進めるためのプロジェクトノートと、汎用的な知恵をまとめたナレッジノートは保管場所を分けるのがオススメです。 Read More »

やっとNotionの凄さがわかってきた

Notion 使用例

はじめてNotionを使い始めたときは「Evernoteよりもエディタがリッチ」くらいの感想しかなかったのですが、3ヵ月ほど前から改めて使い始めてみてようやくNotionのすごさが分かってきました。鍵は「データベース」です。Notionはノートのアプリケーションというより、直感的な操作に対応したデータベース管理システムなのです。 Read More »

35歳になりました!

この2021年3月11日で35歳になりました。このブログを開設したのが25歳の頃ですから、あれから10年経ったことを考えると感慨深いものがあります。 Read More »

意味づけを変えようとする前に、そもそも意味づけしない選択肢を持つ

過去の経験に対する意味づけを変えることは人生を変えるほどの大きなパワーがあるのは間違いありません。しかし、意味づけは良くも悪くも重荷になります。意味づけを変えようとする前に、そもそも意味づけしない選択肢を持てば、もっと身軽に対処できるようになります。 Read More »

Zettelkastenで作成するノートの種類についてまとめ

Zettelkastenでは基本的にAtomic Notesの原則に基づいて、1ノート1アイデアでノートを作成していくことになりますが、そのなかでも役割に応じて幾つかの種類のノートに分類できます。Permanent notesとStructure notesを軸に、他にどんな種類のノートが作成され格納されるかみていきましょう。 Read More »

習慣は続けるだけでなく育てる

習慣は続けるだけでなく育てる 2

習慣の力を使えば、機嫌に振り回されることなくプロジェクトを余裕をもって完遂できます。しかし、習慣の継続ばかりに目を向けていてもなかなか大きな成果にはつながりません。それより、習慣を育成することに力を注ぐことです。 Read More »

ノートは明確なコンセプトをもって書く

ノートには1枚のアイデアだけを含むように書くAtomic notesという考え方を紹介しました。それに加えて、Concept orientedも付け加えると、ノートの価値はさらに高まります。そのノートがどのような意図で、どのような疑問や問題に答えようとしているか目的を持って書くことです。 Read More »

在宅勤務での運動不足に対抗するために取り組んでる運動方法と運動スケジュール

在宅勤務を始めて約8年が経ちました。在宅勤務では運動不足に陥りやすく、いかに運動を習慣化するかは在宅勤務における高パフォーマンスを維持するための主要な課題です。今日は私が日常的に取り組んでいる運動のトレーニングメニューとその方法についてまとめます。 Read More »

ZettelkastenにおけるFolgezettelとStructureZettelとの比較

ZettelkastenにおけるFolgezettelとStructureZettelとの比較

Zettelkastenにおいては構造ノート(Structure Zettel)とは別に、ユニークIDによってカードの並び順を表現するFolgezettelという手法が存在します。Niklas Luhmann(ニクラス・ルーマン)はこの方式を取り入れていました。どちらの方法がノートの構造化にふさわしいか考えてみましょう。 Read More »

生産性の限界を押し上げるタスク管理ワークフロー実例【2020年最新版】

限界を押し上げるタスク管理ワークフロー【最新版】 1

日々の生活を支えているタスク管理ワークフローについての最新版を概念図にして図式化してみました。特に重要なのは中心に配置された3つのツール「ClickUp」「TaskChute Cloud」「Obsidian」です。これが取り替えの効かない最重要なツールになっています。 Read More »

在宅勤務で一日スタンディングデスクで仕事しても疲れなくなるまでにやったこと

在宅勤務にスタンディングデスクが最適な理由

ここ数ヶ月は一日中スタンディングデスクを使って仕事をし続けられています。どうやって一日中スタンディングデスクで作業しても疲れない体になれたのか?私がそのために特に役立ったと感じていることが3つほどシェアしましょう。 Read More »

期限ギリギリで低品質な物を作る人と期限内に高品質な物を作れる人のスケジュールの違い

期限ギリギリで低品質な物を作り上げる人のスケジュール

いかに期限内に質の高いものを作り上げられるかは永遠の命題です。今日は、期限ギリギリで低品質な物を作り上げる人のスケジュールと、期限内に高品質な物を余裕を持って仕上げる人のスケジュールの違いについて取り上げてみましょう。 Read More »

ノートはフォルダでカテゴリ分けして整理せずにリンクによってネットワーク構造を作る

自分ノートを整理するにあたっては、ついカテゴリーによるフォルダ分けしがちですが、それは不適切かもしれません。フォルダ分けせずノート同士のリンクによってネットワーク構造で整理する方が、有機的に成長していく性質を持つノートにおいてはずっとうまく機能します。 Read More »

タスクシュート1日目はタスク数2個だった

タスクシュート1日目はタスク数2個だった

私のタスクシュート1日目はタスク数2個でした。ツールはEvernoteのテーブルを使ったもので、極めてシンプルなタスクリストでした。最重要なタスクだけを管理する徹底的なスモールスタートで始めて、9年かけて徐々にタスクシュートの厳密な運用へとシフトしていったのでした。 Read More »

在宅勤務にスタンディングデスクが最適な理由

在宅勤務にスタンディングデスクが最適な理由

在宅勤務では家具やデスクをはじめワークスタイルを自分仕様にカスタマイズできる良さがあります。在宅勤務ならではのワークスタイルとして、特にイチオシしたいのはスタンディングデスクを使うことです。在宅勤務で崩れがちな体と頭のバランスを取り戻す一助となってくれます。 Read More »

ノートは1枚1アイデアだけ含むように書くAtomic Notesの原則

1枚のノートには1つにアイデアを含む「Atomic Notes」を意識することで、生涯にわたって長く使えるノートの取り方を実現することができます。これはドイツの社会学者Niklas Luhmann(ニクラス・ルーマン)が考案したノートシステムZettelkasten(ツェッテルカステン)に基づいています。 Read More »

Obsidianでカスタムテーマを使う方法

Obsidianでカスタムテーマを使う方法 1

ObsidianでCustom CSSプラグインを使えば、コミュニティの有志が独自に実装したカスタムテーマを使用したり、自分でテーマを独自に開発したりすることができます。カスタムテーマの導入方法とオススメのテーマをご紹介しましょう。 Read More »

ドイツの社会学者ニクラス・ルーマンが研究と執筆の相棒にしたアナログのカード型ノートシステムZettelkasten(ツェッテルカステン)とは?

Zettelkasten(ツェッテルカステン)はドイツの社会学者Niklas Luhmann(ニクラス・ルーマン)によって考案されたアナログのカード型ノートシステムです。彼はキャビネットに保管した9万枚にものぼるノート群とその保管の仕組みを活用し、ほぼ40年間に渡る研究活動の中で70冊以上の本と400近くの学術論文を出版しました。 Read More »

2年ぶりの日記テンプレート変更!フル・エンゲージメントの概念に基づいて日記を書く

フル・エンゲージメントの概念に基づいて日記を書く 2

日記テンプレートを約2年半ぶりに更新しました。フル・エンゲージメントの考え方に基づき、自らのエネルギーを構成する肉体、情動、頭脳、精神のそれぞれの側面についてどのくらい原則に基づいた活動が行えているかを記録に残しながら振り返っていくものにテンプレートを変更しました。肉体、情動、頭脳、精神の4つの側面に注目して一日を振り返っていきます。 Read More »