Home >

人生における夢と冒険のリスト

hiking-1031383_1920

私の愛しいアップルパイへ

やぁ、よくぞここを見つけましたね。やっぱり、あなたに隠しごとはできないらしい。

ここには私がこれから実行する冒険、夢、やりたいことのリストを掲載しました。諦めきれない夢に向けての悪あがきリストってことです。ハッハ!

人は願望に向けて行動するのではなく、行動を通して本当の願望を知るものでしょう。私の好きなことわざにこんなものがあります。

プディングの味は食ってみればわかる

プディングの味を知ろうと思ったら、成分や色合いを分析するより、食ってみるのが一番はやいってことわざです。つまり、うだうだ言ってないでやってみろって意味です。いまの自分の扱いが正当か不当かくよくよ悩むんじゃなくて、できること全部やってみる!

このリストを実行することでなにが起こるのか、私にはまったく想像もつきません。でも、なにが起こるか分かることより、ずっと面白い結果になるだろうってことは確信しています。

プディングを食べてみた結果は随時このページに追記していきますし、リストの内容も随時更新していきます。私のこの試みの結果が気になったなら、またここにいらしてください。

jMatsuzakiの人生における夢と冒険のリスト

  1. 俺の名「jMatsuzaki」でアルバムをリリースするんだ
  2. それから「jMatsuzaki」の名でライブをやるんだ
  3. 24時間作曲だけに没頭したらどうなる?最高だろ?
  4. 1,000曲つくって公開しよう。ハイドンだってビックリするだろ
  5. いいやもっとける。10,000曲つくって公開するんだ
  6. 吉祥寺クレッシェンドでライブをやるつもりさ
  7. 西川口Heartsでもライブをやるんだ
  8. 渋谷Milkywayでもやってみたいぜ
  9. 20歳で現実に打ちひしがれてた俺を奮い立たせたラウドパークに今度は俺が出るよ
  10. ライブで炎を使ったら最高にBurning!だろ?
  11. そうそうミュージック・ビデオをつくろう。最高にCoooooolなやつだ
  12. 野外でライブをやったら解放感が最高だろうよ
  13. オーケストラの指揮をやって、あの世でベルリオーズと話すときのネタにするのさ
  14. オールナイトイベントはどうだ。朝まで乱痴気騒ぎだ
  15. 我が誕生月にバースデーライブ(3月)ができたら最高にハッピーじゃねぇか
  16. バンドで金を稼いでメンバーとギャラをきっちり割るんだ。きっと気分いいぜ
  17. 自分でフェスを主催するのも悪くない。見せかけの奴じゃなくて”ほんもの”のバンドだけを呼ぶんだ
  18. 武道館でライブをやるのもいいぜ。バンドが軌道に乗ったって感じだ
  19. 街中でさ、フラッシュモブを開催するんだ。家と会社の間で突然、カウボーイどもを熱狂させるんだ
  20. ピアノを習おうと思うんだ。ピアノは最高にCoooooolな楽器だからな
  21. それで、ピアノでライブをやるのもいいね。きっと新しいなにかが生まれるぜ
  22. 海外でライブをしよう。言葉が通じなくたって問題ねぇって証明してやるんだ
  23. ロンドンのカムデンで観たライブはエキサイティングだったな。今度は俺が出る番だ
  24. 全国ツアーをしようぜ。全国のカウボーイどもに会いに行くんだ。終わったら朝まで飲み明かすのさ
  25. そうだ、世界ツアーもいいな。世界中のカウボーイどもとBurning!するんだ
  26. 映画のサントラを作るのもいいな。きっといい映画になる
  27. ダンスを始めるつもりだ。運動と音楽を組み合わせたら居てもたっても居られなくなるだろうよ
  28. バイオリンを習うのもいい。天使の歌声みたいな旋律を奏でるんだ
  29. トランペットも習いたいな。トランペットの勇敢な響きは俺にピッタリだ
  30. そうだ、クラリネットも習おう。きっとうっとりするぜ
  31. 自分専用のシンセをつくったら愛おしいだろうな。それで曲をつくるんだ
  32. 自主レーベルをつくるんだ。最高の奴らだけが所属してるレーベルさ
  33. 自宅とは別に専用のスタジオがあったら最高だ。ドラムも演奏できるんだ
  34. それなら専用のライブハウスもつくっちまえばいい。自由にやりたい放題で、もう1つの家にするんだ
  35. jMatsuzakiバンドの活動を録画して公開してみようぜ。きっとあんたも俺の音楽が好きになる
  36. つぎはjMatsuzakiバンドのドキュメンタリー映画を撮ろう。Anvilを超えるんだ
  37. 自伝を出版しよう。勇気の出るストーリーが描けるはずだぜ
  38. 【2016.1.13達成】気になるバンドマンに自分から声をかけてディナーに誘うんだ。エキサイティングな夜を過ごせる → 自分から声をかけるのはどうも苦手だったんだがやってみたよ。思った通り、最高の夜を過ごせたぜ!(参考URL)
  39. 前の会社で一番世話になったカウボーイともう一回酒を飲みに行くんだ。きっと俺の成長に驚くぜ
  40. 俺がキッズだった頃、David Bowieのソングにどれほど夢中になったことか。いつか共演するぜ
  41. Jim Foetusこそ俺が思い描く最も理想的なアーティストだ。共演するつもりさ
  42. Ministryこそ我がソングのルーツだったのかもな。共演する日が楽しみだよ
  43. Nine Inch Nailsは憧れのロックスターだったぜ。ぜひとも共演したい
  44. Rob Zombieはいまでも最高に愛してるぜ。共演したいもんだ
  45. Rammsteinには力強く揺さぶられたよ。必ず共演したいね
  46. Tom Waits以上にセクシーなボーカリストは他に知らないね。共演できたら最高だよ
  47. Static-Xはシンプルにぶっ飛べる最高のバンドさ。共演したいね
  48. PIG(Raymond Watts)は高校時代の俺のお供だった。ぜひ共演したい
  49. KMFDMよ、あんたの活動には頭が下がるばっかりだ。いまでも愛してる。さぁ、共演しよう
  50. Coal Chamberよ、あんたが復活するって聞いたときは驚いたぜ。ぜひとも共演したいもんだ
  51. System of a downはまったく完成されたバンドだ。同じ時代に生きているのが光栄だよ。共演できる日が楽しみだ
  52. Powerman 5000はあの頃から変わらず活動してる希望の星だ。共演したいぜ
  53. BUCK-TICKも立派だぜ。ずっと自分たちの音楽を続けてやがる。共演しよう
  54. David Bowieと対談できたら感動だと思わないか。きっと声が出ないくらいの体験になる
  55. Jim Foetusと対談したいんだよ。彼の最高の音楽について直接聞き出すんだ
  56. Alain David Jourgensenこそ俺の愛しのロックスターだぜ。対談できたら最高の気分だ
  57. Trent Reznorと対談できたらいいね。音楽の未来について話し合うんだ
  58. Rammsteinと対談できたらきっと最高のカオスを楽しめるはずだ
  59. そうだ、俺も昔はスケッチブックに絵を書いてたんだぜ。また再開して個展を開けたら面白そうだ
  60. Rob Zombieの映画に出演できるんだったら、あんたの靴の裏のガムにキスしたっていい
  61. タランティーノ映画に出演できるんだったら、俺はどうにかなっちまうだろうな
  62. 西部劇に出て本当のカウボーイになるんだ
  63. 映画の脚本を書いてみたらどうだろう。自由自在に生きる人間の群集劇を描くんだ
  64. 脚本だけでなく、映画を撮影するのだっていいね。エキサイティングだ
  65. 詩集をつくるってのはいいアイデアだ。美しい言葉には力があるからな
  66. ネットラジオをやってみようか。ものを書くのとは別のことに気づけるかも
  67. ラジオに出るって案もあるな。勉強になりそうだぜ
  68. 俺がアップルパイを販売したらあんたは食べてくれるだろ?
  69. 留守電の応答メッセージをつくってみたら面白そうだ。ありきたりの退屈なやつじゃなくて、ぶっとぶやつをな
  70. この愛すべきブログを一日で10記事更新したら、新大陸を発見したコロンブスの気持ちになれそうだ
  71. この愛すべきブログに1ヶ月で50記事投稿するんだ。なにが起こるか見ものだろう
  72. もっとだ。この愛すべきブログに1ヶ月で100記事投稿するんだ。ゴルディアスの結び目を断ち切れそうだぜ
  73. ブログに1万記事投稿したらどうなってるんだろうな。必ず到達してやるぜ
  74. 【2016.1.3達成】夢と冒険のリストをこの愛すべきブログに投稿して、あんたに見せるんだ → そう、まさにあんたがいま見てるこのページのことだよ
  75. 「Burning!」ってタイトルの本を出すんだ。きっと最高にBurning!な一冊になるぜ
  76. アートは誰にとっても身近なもんだ。アーティスト向けに講演するってのはいいアイデアだ
  77. アーティスト向けの学校をつくるってのはどうだ。”ほんもの”のアーティストを育成する場所だ
  78. TEDの講演で何度興奮したか分からんね。今度は俺が講演する番だ
  79. 俺の考える理想のタスク管理ツールをつくってリリースしたらどうだろう?使ってくれるよな?
  80. TaskChuteの本を出版するんだ。俺ならきっとうまく書けるぜ
  81. ドイツに旅行してみよう。音楽の国でライブを体験するんだ
  82. イタリアに旅行してみよう。芸術の歴史を肌で感じるんだ
  83. アメリカに旅行してみよう。生のロックを舌の上でチロチロと味わうんだ
  84. オーストリアに旅行してみよう。歴史的な音楽家の街を堪能するんだ
  85. フランスに旅行してみよう。美しいってのはどういうことか、教えてもらうんだ
  86. 海外に住むのもいいな。俺にはきっと似合うぜ
  87. ジム・モリソンの墓参りも行きたいね。ステージ上で逮捕されたときの気分を聞きにいくんだ
  88. そうだ、両親と旅行に行ってみよう。一緒に旅行なんて、もう随分と行ってないからな
  89. 野宿してみよう。テーマ曲はもちろんBorn to be wildだぜ
  90. 【2016.1.6達成】いま習慣化されてる仕事のリストを一度ごっそり作りなおすんだ。時間の使い方をまるっきり変えるのさ → 随分気分がよくなったぜ。自由の味がする!参考記事:古いやり方を変えるために1日50以上あったルーチンタスクを0から再構築する
  91. SNSのタイムラインを最高にBurning!な奴らにしよう
  92. RSSの登録リストを最高にBurning!な奴らにしよう
  93. 図書館に行ってみようって思うんだ。予期せぬ本との出会いに期待しながらな
  94. 良い歯医者をみつけて通おうぜ。これででっけーストレスが1つ減るぜ
  95. ポートレートを描いてもらう。人からは俺がどう見えてるのか、確認するんだ
  96. 俺の姉貴とコラボして作品を作るんだ。きっとすげぇもんができるぜ
  97. 会社をつくってみよう。jMatsuzaki.Inc。あんたのハートに火をつける会社で、もちろん社長は俺さ

もちろんまだまだ増やしていくつもりですよ。

貴下の従順なる下僕 松崎より