アイコンフォントをgit管理するとファイルが破損するときの対応方法

font-705667_1280

私の愛しいアップルパイへ

スマホユーザーが増えてPixel Ratioの選択肢が広がったいま、アイコンフォンを活用しないわけにはいきませんよね。しかし本日、作成したアイコンフォントを修正してgit commitしたところアイコンフォントが正常に読み込めなくなる問題が発生してソワソワしました。

原因は、gitが改行コードのCRLFをLFに自動変換する処理において、バイナリー内のCRLFまでLFに書き換えてしまうことで、バイナリーが壊れてしまっていたことでした。

そんな問題にあなたには躓いてほしくないので、対応方法を解説します。

アイコンフォント内の改行コードをgitが自動置換してしまう問題

Windowsの開発者はCRLFでコミットする可能性がありますし、Mac OSやLinuxだとLFでコミットされる可能性があります。gitはソース管理の仕組みなので、管理対象のソースに複数の改行コードが含まれていると望ましくありません。

そこで、git対象化のソースに改行コードがCRLFでコミットしてきた不届き者が居たら、LFに自動変換する便利機能が備わっています。

通常は画像などのバイナリーファイルはこの改行コード自動変換の対象にされないようになっているものですが、アイコンフォントはちょいと特殊な拡張子のファイルであることもあり、この自動変換の対象外になっていないことがあります。

なので、アイコンフォント内にたまたまCRLFの改行コードに該当するものが含まれていると、バイナリーを壊してしまうわけです。

それでは困ってしまうので、アイコンフォントでも改行コードの自動変換を行わないようにすれば問題は解決です。

本問題に該当したときに出力されるエラー

本事象に該当したときに出力されるエラーを掲載しておきましょう。

▼本事象が発生すると、Webブラウザではアイコンフォントが読み込めなくなり、WebブラウザのConsoleには以下のようなエラーが出力されます。

▼また、気づかずに本番環境にデプロイしてしまったりするとアイコンフォントのバイナリファイル(eot,ttf,woff)が勝手に書き換わるので、変更のあったファイルとして認識されます。

アイコンフォントをgit管理するとファイルが破損するときの対応方法

対応方法をご教示いたしましょう。

アイコンフォントのファイルがバイナリーであることをgitに認識させればこのような自動置換を行わなくなるので、問題は解決です。

▼具体的には.gitattributesファイルに以下のような記述を追加してみてください。アブラカタブゥーラッ!

▼ちなみに、以下のコマンドを使えば改行コードの自動置換自体を無効化できます。ただし、ソースに複数の改行コードが混在するのは望ましくないのでオススメはしません。

これで問題は解決したはずです。お疲れ様でした。

貴下の従順なる下僕 松崎より

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。