WordPressで特定カテゴリの記事だけ抽出したRSSフィードを登録する方法

medium_557840620
photo credit: ntr23 via photo pin cc

私の愛しいアップルパイへ

あなたと私を何よりも強く結びつけているのは、たった3文字の絆です。それは「RSS」です。

このRSSを使いこなす中で、以下のような願望を抱いたことは無いでしょうか。

・お気に入りのブログの特定カテゴリの記事だけを抽出して、RSS登録したい
・自分のブログで人気カテゴリの記事だけを抽出したRSSフィードを配信したい
・特定カテゴリのRSSだけ抜き出して、EvernoteにTag付けして保存しておきたい

よろしい。今日はあなたのその願いを、まるで手品使いの如く叶えてみせましょう。

特定カテゴリの記事だけ抽出したRSSフィードを抽出する方法

WordPressで作られたほとんどのサイトは、特定カテゴリのRSSフィードをサイトの設定変更を行うことなく抽出することができます。やり方を見ていきましょう。

カテゴリのページへ移動する

まずは対象となるカテゴリのページを探し、そのページへ移動しましょう。大抵はブログのヘッダーにあるバーか、サイドバーのどちらかに公開してあります。

image

公開されていなければ、気に入った記事の上部か下部を見てみましょう。多くの場合そこにカテゴリへのリンクが表示されています。

image

RSSフィードのページへ移動する

カテゴリのページへ移動したら、URLの末尾を確認して下さい。

1

URLの末尾がカテゴリを示すような単語だった場合、URLの最後に「/feed」と追加してページを移動して下さい。例えば上記のURLであれば、こうなります。

https://jmatsuzaki.com/archives/category/ライフハック

https://jmatsuzaki.com/archives/category/ライフハック/feed

またURLの末尾が以下のようなID表記だった場合は「http://[サイトのトップURL]/?feed=rss2&cat=[カテゴリID]」として、ページを移動して下さい。

2

例えば、上記の例であればこなります。

https://jmatsuzaki.com/?cat=13

https://jmatsuzaki.com/?feed=rss2&cat=13

動作を確認する

RSSフィードのページへ移動して、RSSフィードの実態となるXML形式のページが表示されたら成功です。あなたは特定カテゴリの記事だけ抽出したRSSフィードを手に入れました。おめでとうございます。

image

特定カテゴリのRSSフィードを活用しよう

いかがでしょうか。特定カテゴリのRSSフィードを利用すれば、欲しいニュースだけを受信したり、より柔軟にRSSリーダ内のフォルダを整理したり、iftttなどを用いて特定カテゴリの処理を自動化することができます。使えるシーンは様々なのです。

尚、ライブドアブログやFC2ブログ、Bloggerなども似たようなやり方で特定カテゴリのRSSフィードを抽出できるようです。ぜひお試しください。

貴下の従順なる下僕 松崎より

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。