Windows10でスタートアップを設定する方法

15837853473_ddfa9c1f1e

私の愛しいアップルパイへ

2015/7/29運命の日、Microsoftの新OS「Windows 10」がリリースされました。

Windows 8以降のことですが、パソコンを起動したら自動で起動するアプリケーションを指定する「スタートアップ」を設定する方法が分かりづらくなっています

やり方はWindows 8と同じです。きっと戸惑うかと思います。簡単な先に解説すると以下の通りです。

  1. 「スタートアップ」フォルダを開く
  2. 「スタートアップ」フォルダにスタートアップ起動したいプログラムのショートカットを配置
  3. また絶対に追加したくなるので、「スタートにピン留め」したり、「お気に入りに登録」したりしておく

それでは図解を活用して、Windows10でスタートアップを設定する方法を詳細に見ていきましょう!

Windows10でスタートアップを設定する方法

スタートアップにプログラムを追加する方法は従来通りに「スタートアップ」フォルダを開いて、そこに起動したいプログラムのショートカットを配置するだけです。

フォルダの位置もWindows 7以前と同様なのですが、スタートメニューに「スタートアップ」フォルダのショートカットが無いので、自分で該当フォルダを辿って開く必要があります。

▼スタートアップフォルダの場所は以下の通りです

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

※[ユーザー名]にはご自身のユーザー名を入れて下さい

▼エクスプローラーから順に辿っていくなら以下のようになります

C → ユーザー → [ユーザー名] → AppData → Roaming → Microsoft → Windows → スタート メニュー → プログラム → スタートアップ

※[ユーザー名]にはご自身のユーザー名を入れて下さい

※AppDataフォルダは標準では隠しフォルダになっています。表示するためにはメニューから隠しフォルダを表示する必要があります

2

▼フォルダを開いたら、そこにスタートアップに追加したいプログラムを配置していきます

3

▼また追加したくなったときのため、「スタートにピン留め」したり、「お気に入りに登録」したりしておくと良いでしょう

Screen Clip

スタートアップで仕事や作業に必要なアプリケーションやソフトウェアを設定しておけば、起動してすぐに作業に取り掛かれます。1つの動作だけを見れば、数秒〜数十秒の小さな差ですが、積み上がれば大きな時間になりますし、何より小さなストレスもなくなります。

まだWindows 10でスタートアップを設定していない方は、今すぐ設定をしてみましょう。

貴下の従順なる下僕 松崎より

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。