Burning!放送局 vol.2 公開!テーマは「ライブハウスって怖くない?」

jMatsuzakiのBurning!放送局 vol.2 ライブハウスって怖くない?(2017.01.23)

私の愛しいアップルパイへ

さぁさぁお待ちかね!本日も非情なる現実生活における唯一のオアシス!現代のマハゴニー市!Burning!放送局のお時間です!

ライブハウスって怖くない?

Burning!放送局はjMatsuzakiバンドのコンセプトや活動方針、活動における様々な想いなど、我々が何を考えながらバンドを運営しているかお伝えしようという番組です。

2回目となるBurning!放送局のテーマは「ライブハウスって怖くない?」です。

ライブハウスといえば、どうしても入りづらいとか怖いといったイメージがつきやすいものです。実際に入ってみてもアウェイ感が強くピクリとも動けない緊張感の元で腕を組みながらライブを観ていたという経験はないでしょうか?

ライブは解放感を楽しむものにも関わらず、独特のプレッシャーがあるため、CDを聴いている方がちょっとは解放感があるなんてこともしばしばです。

かくいう私も、かような日本のライブシーンについて悶々と学生時代を過ごしてきた一人です。素晴らしいバンド、素晴らしい音源があっても、その解放感を実際にライブで体感できるような空間は皆無でした。

ですから、私はあの頃に自分が一番欲していた空間をjMatsuzakiで作ろうと思っています。ライブというものがきちんと演奏できることを証明するだけの場所としてではなく、真の意味で偽りの仮面を外せる場所になるような、同じ価値観を持つもの同士が集まるような、「管理」より「解放」を実現できるような、そういう特別な空間にしたいと考えています。

番組ではそのあたりのことを私とマネージャーのKeiKanriで語っています。

▼番組はこちからご覧ください。

jMatsuzakiのBurning!放送局 vol.2 ライブハウスって怖くない?(2017.01.23)

貴下の従順なる下僕 松崎より

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。