「嫌われる勇気」のまとめ記事を書きました

▼本記事の動画版もご用意しましたので、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

私の愛しいアップルパイへ

私が書評を定期的に連載しているメディア「@人事」にて、かの2015年の名著「嫌われる勇気」についてのまとめを寄稿しました。

「嫌われる勇気」は実にファンタスティックな一冊でしたので、ここでもあらためてお知らせします。

「嫌われる勇気」のまとめ記事を書きました

このたび寄稿した記事では、「嫌われる勇気」のポイントとなる点を5つピックアップして解説しています。

  • 生き方は過去の経験に「どのような意味を与えるか」で決まる
  • 人は常に「変わらない」ことを決心している
  • すべての悩みは「対人関係の悩み」である
  • 承認欲求は不自由を強いる
  • 仕事の本質は、他者への貢献

「嫌われる勇気」で書かれていることを一言で説明するなら、「本当に自由な生き方」ではないでしょうか。

私たちは少し気を緩ませると、どうしても不自由な生き方に陥ってしまいます。その最たる要因は3つです。

「過去」と「未来」と「他人」です。

過去を振り返って自分は駄目なやつだと決めつけたり、未来に対する漠然とした不安に抑圧されたり、他人の視線に対する恐怖によって自分を偽ったり。

こういった現実的な問題と真正面から対峙させてくれるのが「嫌われる勇気」という本です。

是非とも我が記事と本を手にとっていただければ幸いです。

貴下の従順なる下僕 松崎より

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。