ミッション・ステートメントと4行日記の相性が抜群に良い理由

私の愛しいアップルパイへ

グンッモーニンッベトナーーームッ!

あなたが既にミッション・ステートメントを作っているのであれば、オススメしたい習慣があります。それが4行日記です。

▼なお、動画でより詳しく解説していますので、ぜひこちらもご覧ください。

ミッション・ステートメントと4行日記は相性が良い

ミッション・ステートメントはご存知「7つの習慣」で謳われている自分の夢や価値観をまとめた文章のことです。

4行日記はその名の通り、1日を4行でまとめる実にシンプルな日記の書きかたです。1日を「事実」「発見」「教訓」「宣言」をそれぞれ1行ずつでまとめて、計4行の日記にするのです。

▼以下は私が実際に作ったある日の4行日記です。(※私は1行目の「事実」を独自に拡張しているので、4行以上の日記にしています)

my_diary

ミッション・ステートメントと4行日記。この2つは一見まったく因果関係のないように見えますが、実は両方とも実践することで素晴らしい相乗効果を発揮します。

迷いがミッション・ステートメントを弱体化させてしまう

ミッション・ステートメントを作ることで、いまから死ぬまでの人生全体をじっくり想像し、一時的な感情に流されることなく自分が本当にやるべきことを見いだせます。ミッションステートメントを作れば、決意と情熱の力を得られ、いま最優先すべきことを確実に実行に移すための勇気を得られます。

このとき一番のハードルとなるのが「いまから死ぬまでのことなんて、その時その時にならないと分からない」という迷いです。雷に打たれたように最初から自分のミッションを見出すことができる人は稀です。大抵の人は、なんとなくピンときている方向性はあるものの、本当に自分が自分の道を歩いているのか迷いを持っているでしょう。

この迷いはそのままミッション・ステートメントの威力を弱体化させる力となります。迷いが大きければ大きいほど決意と情熱は鈍り、実行力も落ちてしまうでしょう。しかし、だからとって、将来のことなど考えずにその場その場で短絡的な判断をするのも望ましくありません。バーで酒と煙草と添い遂げる人生なんて誰が考えても御免なはずです。

4行日記でミッション・ステートメントを補強する

そこで、一度ミッション・ステートメントを書き上げたら4行日記の習慣を取り入れてみるとGooooood!です。

4行日記ではまず今日起こった客観的な「事実」を書き出します。それから、この事実から今日という日を素晴らしいものにしてくれた「発見」を書き出します。

それから、この発見を明日以降も永続的に再現するための「教訓」を書き出します。最後に、この教訓を実践してミッション・ステートメントに添った生活ができている自分を想像し、その視点から自分がどんな人間であるかを「宣言」します。

つまり4行日記とは端的に言えば「今日という日がいかにしてミッション・ステートメントに結びついているか」を考えるメソッドというわけです。これを毎日続けたらどうなるでしょうか。ミッション・ステートメントが迷いによって弱体化される前に、方向性が固まっていって決意の力が沸き上がってくることでしょう。

この2つのメソッドの相乗効果は、人生を一変させてしまうパワーを秘めています。

貴下の従順なる下僕 松崎より

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。