【2020年版】タスク管理の有料ツールの中でも安い料金で使えるおすすめアプリ厳選3つ

タスク管理の有料ツールの中でも安い料金で使えるおすすめアプリ厳選3つ

こんにちは、jMatsuzaki株式会社のだいちです。

質の高いタスクツールがあれば、多少お金を出しても構わないと思っているけど、ベストなツールを見つけるのは骨が折れる……

こういった悩みにお答えするべく、タスク管理ツールを開発した会社で働いている自分から、「このツールだけ使えばOK」というものを3つ厳選してご紹介します。

タスク管理といっても幅広いので、このページでは部門別でナンバーワンだけを紹介することにしました。

  • オープンリストNo.1ツール
  • クローズリストNo.1ツール
  • アーカイブNo.1ツール

これらを順に紹介していこうと思います。

使いやすさピカイチのToDo管理ツール「Todoist」:オープンリスト

オープンリスト界隈でNo.1のツールは、「Todoist」です。

ちなみにオープンリストとは、「開かれているリスト」という意味です。やるべきことをどんどん詰め込んでいけるいわゆる”ToDo管理ツール“とほぼ同義だと思ってもらって構いません。

Todoist」はオープンリストの中でも、使い勝手が抜群に良いです。

パソコンでの操作はもちろんですが、スマホでタスクを登録したり削除したりするのが簡単なUIになっている点が何よりも優れている点かなと思います。

フリープランでも十分使い込めますが、自分はプレミアムプランに登録しました。こちらがプランごとの機能の一覧です。

https://todoist.com/ja/pricing より

有料のプレミアムプランで特筆すべきポイントは、以下に集約されるかなと思います。

  • リマインダー
  • コメントとファイルのアップロード
  • ラベル&フィルター
  • Googleカレンダー連係

自分は「Googleカレンダー連係」をどうしても使ってみたかったので、プレミアムプランに登録しました。(ただ、まったく「Googleカレンダー連係」機能を使えていないので、もはやフリープランでも十分使い込める……)

「Todoist」の有料プランの料金

https://todoist.com/ja/pricing より
  • プレミアムプラン:年間4,032円
  • ビジネスプラン :年間6,696円

個人で有料プランに登録するにしても、プレミアムプランで十分です。

もし「Todoist」が気になった場合、以下の記事も参考になるので、ぜひご覧ください。

タスクの実行に特化した「TaskChute Cloud」:クローズリスト

TaskChute Cloudの画面

クローズリストで紹介したいのは、我々が開発した「TaskChute Cloud(タスクシュートクラウド)」です。

クローズリストとは、オープンリストとは逆の「閉ざされたリスト」を指します。

具体的には学校の時間割などが、クローズリストとしてわかりやすいでしょう。

TaskChute Cloud」は1日の時間割を作れるクローズリストです。

クローズリストを使うメリットは、大きく2つあります。

  • 次にやることが明確になり、実行確率が上がる
  • 決められた24時間という箱のなかにタスクを詰め込んでいくので、タスクが溢れづらい

「TaskChute Cloud」の料金

https://taskchute.cloud/users/top より

TaskChute Cloud」は無料プランはなく、月額486円で使うことができます。

ちょっとややこしい話になりますが、「TaskChute Cloud」はタスクシュート時間術という考え方を、ウェブで実行できるようにしたツールです。

タスクシュート時間術については、以下の記事で詳しく解説していますので、クローズリストを使ってみたい場合はぜひご覧ください。

情報をとにかく一か所に詰め込める「Notion」:アーカイブ

https://www.notion.so/ より

アーカイブのためのツールNo.1は、「Notion」を選びました。

アーカイブとは、ここでは「情報をとにかく一か所に詰め込む」というニュアンスで使っています。

アーカイブツールでもっとも有名なのはおそらく「Evernote」でしょう。

私自身、あまり本格的に「Evernote」を使ったことがないのですが、古くからお使いの方が口をそろえて「重くなった……」とおっしゃていました。

それに取って代わったのが「Notion」です。(なんでも大型の資金調達をしてめちゃくちゃ伸びているベンチャーだとか)

Notion」も無料から使えますが、無料だとアップロード上限がすぐに来てしまうので、無制限にファイルをアップロードできる有料プランを使うことになると思います。

「Notion」の有料プランの料金

https://www.notion.so/pricing より

個人で使う場合、月4ドルなので、ざっくり月500円ほど。

Notion」はめちゃくちゃ機能が多くて、「なんでもできる」という声が本当に多いです。私自身もどこまでできるか検証しきれていないくらいです。

あと英語のツールなので、Google翻訳機能を使いながら使うのがいいでしょう。

アーカイブとしての機能を使うときに、何を残していこうか迷うときは、以下の記事を参考にしてみてください。

jMatsuzakiが書いた「Evernote」で何を記録しているかをまとめた記事です。

  1. 様々なWebサービスの情報を自動記録
  2. メモやノートを新規ノートで記録
  3. スマホからひらめきを記録
  4. PCの画面をスクリーンショット機能で記録
  5. 作業ファイルをホットキーで記録
  6. 保存したいWeb上のページをEvernote Web クリッパーで記録
  7. メールをEvernote専用メールアドレスで記録
  8. 移動ログをMovesで記録
  9. 保存しておきたい風景を写真で記録
  10. 1日の記憶を日記ノートで記録
  11. 自動生成されるファイルをインポートフォルダで記録
  12. 紙の資料を写真で記録

タスク管理の有料ツールの中でも安い料金で使えるおすすめアプリまとめ

  • オープンリストNo.1ツール「Todoist
  • クローズリストNo.1ツール「TaskChute Cloud
  • アーカイブNo.1ツール「Notion

以上、この記事を参考にぴったりのタスク管理ツールが見つかったのなら幸いです。

もしもう少しいろんなツールを検討してみたい場合は、以下の記事がおすすめですので、ぜひご覧ください。

タスク管理マニアが高じてWebで「タスクシュート時間術」を実践できる「TaskChute Cloud」を自らの手で開発してリリースしました。 タスクシュート時間術の考案者である大橋さんから開発許可を得た公式ツールです。

▼これでタスクシュートに死角がなくなった!ご利用はこちらからどうぞ。

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。