作曲プロセスは4つのフェーズに分けられる

作曲プロセスの4フェーズ

 

私の愛しいアップルパイへ

 

作曲を行うプロセスは曲によって毎回違うか?

 

そんな事は無いはずだと私は以前の記事で書きました。
プロセスをモデル化する作曲術

 

今回はまず作曲プロセスを構造化してフェーズ分けしてみます。


 

◇「創造のモデル化は不可能か?」

 

私は以前書きました。

 

この「作曲プロセス」を誰も教えてくれないのは当然です。作曲の方法・手順は、曲の様式に依存するだけでは無く、その音楽家の趣味・思考、性格、その時の気分、感情、制作環境、金銭的余裕、人脈、身分、立場などあらゆる事に依存しているからです。

 

あらゆる曲は個別的でユニークで、まったく同じプロセスを経て創られた曲は無いでしょう。しかし、こうも思っています。ある程度一般的な大枠を標準プロセスとしてモデル化する事は可能ではないか?と。類似のパターンがあるのでは無いかと。

 

そして、まずやらなければいけないのは、作曲時の思考の流れをフェーズ分けする事です。

 

◇「作曲プロセスを4フェーズに分ける」

 
作曲に限らず、人間によるあらゆる創造のプロセスは以下の様なフェーズを経ていると考えます。

作曲プロセスの4フェーズ

 

たとえ無意識であったとしても、2小節の動機を創る時ですら上記4フェーズを順番に実践しているはずです。

 
作曲というものは全てこの4フェーズの積み重ねの賜物だと言えます。小さな4フェーズの実践が、それを包含するより大きな4フェーズの中の1フェーズになっているのです。

作曲プロセスの全体像

  

 

◇「次はモデル化」

 

次回は1曲を創り上げる中で、この4フェーズをどういう作業単位でまとめて、どういう順番で実行していくかをモデル化していきます。

 

貴下の従順なる下僕 松崎より

 
------------------------------------------------------
 
 
もしブログを気に入って頂けたなら是非RSSリーダへの登録を
お願い致します!
 
Twitterもやってるのでこちらも宜しければフォローを!!
 

▼関連記事-----------------------------------------

プロセスをモデル化する作曲術
作曲時に「この曲のこの場所!」を命名する

 
著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。