才能は本当に変わらないのか?2年ぶりにストレングス・ファインダーを受けてみた結果

私の愛しいアップルパイへ

自分の強みを診断してくれるWebテストの代表にストレングス・ファインダーがあります。自分の強みが分かるってことは、カウボーイがウィンチェスターを手に入れたみたいなものですから、その重要性はご理解いただけることでしょう。

このまえ運良くアクセスコードを入手したので試しに2度目のテストを受けてみることにしました。私は2年前に一度ストレングス・ファインダーを受けたことがあります。その結果はたしかに納得いくものでした。

私は疑問を解決しようと思ったのです。ストレングス・ファインダーの考え方によると、人の才能ってのは生まれついてのものであり、そのときの気分によって変わるようなものではありません。ならば、人の才能を診断するストレングス・ファインダーもまた、いつ受けても同じ結果になるはずではありませんか。

よろしい、本当に自分の才能ってやつはいつ受けても変わらないのか?ストレングス・ファインダーは本当に普遍の才能を診断してくれるものなのか?Webテストなんぞで唯一無二の存在である私の才能なるものが本当に分かるのか!私が身をもって検証してやろうではありませんか!

▼なお、ストレングス・ファインダーについては以下の動画で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

才能は本当に変わらないのか?2年ぶりにストレングス・ファインダーを受けてみた結果

ストレングス・ファインダーは人の才能を34に分類しています。テストでは180ほどの質問に回答するようになっており、それらの質問を制限時間20秒で答えるようになっています。20秒を超えると自動的に次の質問に移ります。テストはだいたい30分くらいで終わります。

テストを受けると、その人の優位を占める5つの才能を診断してくれます。この5つの組み合わせがその人の才能ということになります。

▼まずは2年前のテスト結果から見てみましょう。2年前の我が上位5つの才能がこちらです。

  • 未来志向
  • 戦略性
  • 目標志向
  • 最上志向
  • 責任感

▼そして昨日受けたテストの結果がこちらです。

  • 戦略性
  • 未来志向
  • 最上志向
  • 目標志向
  • 運命思考

結果を見た瞬間、どうだペテン師ども!と叫び出したかったのですが、よくよく見てみると驚きました。順位の入れ替えは多少あるものの、事実上入れ替えがあったのは最下位の5位だけでした。1位と2位の才能は同じ。3位と4位の才能も同じだったのです。

ストレングス・ファインダーは34の才能から上位5つの才能の組み合わせが分かるテストです。順位も含めてまったく同じになる確率は1÷(34×33×32×31×30)で、1/33,390,720となります。順位を無視して同じ組み合わせになる確率は1÷(34×33×32×31×30)で、1/6,678,144です。計算まちがってたら御免!

そう考えると、最下位を除いて上位4つがまったく同じ才能であったことは、なかなかの精度ではないでしょうか。

さらに、ストレングス・ファインダーはオプションで1位~34位までの順位を見ることもできます。せっかくなので見てみることにしました。

▼その結果はこちら。

  • 戦略性
  • 未来志向
  • 最上志向
  • 目標志向
  • 運命思考
  • 内省
  • 責任感
  • アレンジ
  • 活発性
  • 親密性
  • 学習欲
  • 信念
  • 自己確信
  • 成長促進
  • ポジティブ
  • 慎重さ
  • 達成欲
  • 収集心
  • 着想
  • 自我
  • 個別化
  • 規律性
  • 公平性
  • 調和性
  • 包含
  • 社交性
  • 適応性
  • 共感性
  • コミュニケーション
  • 分析思考
  • 指令性
  • 競争性
  • 原点思考
  • 回復志向

34位までの順位を見て驚くのは、もともと5位で入れ替えのあった「責任感」も7位にあったことです。この結果を見ると、状況や調子によってTOP10のなかでの順位入れ替えはしばしばあるのかもしれませんが、まったく違う結果になるのはそうは無いのかもしれません。

今回の結果を受けて、ストレングス・ファインダーというテストは人の普遍の才能をあぶり出すなかなか信頼性のあるテストなのではないかと感じました。

ちなみに、ストレングス・ファインダーについて書かれた「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」の最後、p.345あたりからストレングス・ファインダーの結果の信頼性に関する調査結果が書かれているので、興味あれば読んでみると面白いです。

自分の強みが分かると生きやすくなる!

せっかくですから、簡単に私の5つの才能について解説しましょう。

  • 戦略性 → 孔明
  • 未来志向 → いや待てよ。もしこうなったとしたら…なんて素晴らしいんだ!
  • 最上志向 → え?あぁ~うん。まぁそれはそれでいいんだけどさぁ…アレッ!こっち見てッ!これよこれっ!こういうのを待ってたのよッ!最ッ高ッ!
  • 目標志向 → いいかウジ虫ども?いま俺達が本当にやるべきはこれなんだよ!!!
  • 運命思考 → あんたがどう思おうと、起きたことには何らかの意味があるのさ。

強みというのは無意識の反応なので、自分では実に分かりづらいものです。私はストレングス・ファインダーの結果を折にふれて読み返すのですが、この結果はこれからの自分の方向性を決めるうえで非常に参考になっています。

▼ストレングス・ファインダーを受けてみたいという方はこちらの記事をどうぞ。

▼34の資質すべての順位を見る方法はこちらをお読みください。

貴下の従順なる下僕 松崎より

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。