意外とみんなやってないけどブログの404エラーページを自分らしく作り込んでおくと一定の効果があってオススメだよ

私の愛しいアップルパイへ

この愛すべきブログのなかで限られた人しか辿り着かない隠しページの1つが404ページ(指定されたURLが見つからなかった場合に表示されるエラーページ)です。

この愛すべきブログの404ページはインパクトがあるらしく、404ページに辿り着いたカウボーイからは驚きと賞賛の声をいただくことは少なくありません。2年くらい前に作ったのですが、いまでも話題に上ることがありますし、SNSで404ページがシェアされたこともあります。レヒャリッヒ!(お笑いだわ!)

これはちょっとした遊び心から生まれたページなのですが、404ページというのは良くあるエラーですし、決して0にできないエラーでもあるので、作り込んでおいて損はありません。

まずは見ていただくのが早いと思うので、404ページをご覧になってください(hahaha!ページが存在しないことを示すページをご覧になってくださいとは、なんとも奇妙な気がしますね)。

▼以下のように存在しないページを指定(お使いのブラウザのURL欄にコピペしてください)すると404ページに飛びますので。

https://jmatsuzaki.com/404error

意外とみんなやってないけど、ブログの404エラーページを作り込んでおくのはオススメ!

意外と盲点なのですが、404ページは割と頻繁にアクセスのあるページです。内部リンクが404になることは自分で修正できますが、他のブログやSNSでの投稿で誤ったURLが投稿されても修正できませんから、常にアクセスされる可能性のあるエラーページでもあります。

404ページに辿り着く人はブログのなんらかの記事を見に来てくれた人なので、記事を読みたい気持ちが高い人でもあります。そんなSweeeeeet!な人が辿り着くページが味気ないシステムエラーページというのは、なんとも心苦しいものです。

そこで、404ページにこの愛すべきブログの特色がわかるような簡易的な自己紹介ページを作っておくのがいいのではないかと思い至ったわけです。

また、404ページに辿り着いた方というのは、なんの記事を読みに来てくれたかは分かりませんが、記事を読みたいという気持ちはあるわけですから、おすすめ記事のリンクを貼っておけばきっと好意的に捉えてくれるはずです。

現在では大半のレンタルブログのように自分で404ページを作り込めないサービスも多いですから、なんの工夫もない404ページを表示しているブログが多数だと思います。そんななか、リンクから飛んできて404エラーでがっかりしたと思いきや、しっかりと作り込んだ404ページが表示されていたらニヤニヤしながら読み込んでくれるのではないでしょうか。

そして、期待していたページとは違えど、何かしらの記事を読んでくれる可能性はぐっと上がるはずです。こういった小さな工夫や作り込みが他のブログとの差別化に繋がって、個性を引き立ててくれるってものでしょう。

この愛すべきブログの404ページでは文体を自分らしくし、アイキャッチ画像なども専用の画像を用意しています。また、ブログの特色がわかるオススメ記事やカテゴリーリストなどを表示しています。

▼以下のようなURLで(存在しないURLならなんでもいいのですが)(お使いのブラウザのURL欄にコピペしてください)404ページにアクセスできますので、ご参考までにどうぞ。

https://jmatsuzaki.com/404error

貴下の従順なる下僕 松崎より

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。