「夢を追って会社を飛び出した結果、抑うつ症を再発させたとある20代女のお話」っていう今一番更新を楽しみにしているブログの連載を紹介

私の愛しいアップルパイへ

▼昨日、私がこのような記事をお届けしたことはあなたもご存知の通りです。

苦悩や葛藤や絶望は記録しなければ記憶からも抜け落ちて大きな損失になる

▼あなたに嫉妬して欲しくないのですが、実はこの記事を書いたのは以下の記事を紹介したかったからです。

夢を追って会社を飛び出した結果、抑うつ症を再発させたとある20代女のお話(1)

この記事ではシステムエンジニアとして就職したmisoさんが、夢だったピアニストになるべく会社を飛び出して活動しはじめてから3年半を迎えた現在の状況を赤裸々に綴った記事です。ピアニストとしての仕事がなかなか軌道に乗らず、バイトとの両立に苦しむ中で抑うつ状態を再発します。そのなかで、自分のことを再発見していく過程がリアルに生々しく綴られています。

この夢と挫折のリアルで生々しくて正直なドキュメンタリーこそ個人ブログの醍醐味であり、私が心から愛するものです。

「夢を追って会社を飛び出した結果、抑うつ症を再発させたとある20代女のお話」っていう今一番更新を楽しみにしているブログの連載

私はただ情報だけが淡々と更新されているブログにあまり興味がなく、また闇雲にポジティブなブログにもほとんど興味はありません。

▼以下の記事でも書きましたが「人間は選択的に感情を麻痺させることはできない」ものです。無理にポジティブであろうとすれば、感情そのものに蓋をすることになり、人間性の欠けたアンドロイドが書いたような歪な記事になってしまうでしょう。

無理にポジティブになろうとすると逆に不幸になってしまう

これまで数百のブログを読んできたと思いますが、私が最も求めているのは人間的なブログなのです。人間的なブログこそ読む価値があります。

ポジティブに見せようとして感情に蓋をしたり、格好良い部分だけ見せようとして薄っぺらになっていたりするブログではなく、苦悩や葛藤や絶望がありのままに生々しく吐露されているブログこそが人間的で、正直で、価値があるってものです。

たとえネガティブでも(というよりもネガティブな面というのは人間性と切っても切り離せないものなので、人間的な文章なら多分にネガティブな面を備えているものですが)、そのような文章は大変良質なコンテンツになります。

そもそも人間というのは普通ネガティブなことを記憶から追い出したがりますし、承認欲求に従えば公開するなんてもっての外でしょう。ですから、紹介した記事のようにリアルで生々しく人間的な記事は大変貴重です。こういうものを読みたいから私は個人ブログをチェックしているのです。

このような記事はみずみずしいフルーツや無添加、無農薬の旬の野菜のような”本物の”食べ物みたいなものです。チーズケーキとは違う”本物の”魅力に溢れています。

そして、このような記事は単に露出狂的な趣味としてではなく、そのリアルさによって人に寄り添える話になり得ますし、だからこそ人を勇気付ける第一運動になり得るのです。

▼ということで、以下の連載はまだ終わっていませんが是非リアルタイムで更新を読んでみてください。チーズケーキではなく”本物の”食べ物を食べたときの感動を味わえるはずです。

夢を追って会社を飛び出した結果、抑うつ症を再発させたとある20代女のお話(1)

貴下の従順なる下僕 松崎より

著者画像

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログ「jMatsuzaki」を通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。